「No.372 瀬戸の石皿」

幕末から明治頃の瀬戸の大きめの石皿です。使って行く程に貫入が増してかっこ良くなり、愛着もわきます。
シンプルな皿なので食材を選ばずに使っていただける万能皿ではないでしょうか。
直径37.5 × H6.5(cm) Sold out